宮崎観光案内

宮崎紹介

宮崎県には、温暖な気候風土と海山の美しい自然があり、毎年多く観光客が訪れます。
神話や歴史にまつわる文化財も多く、芸能や祭りなど、長い歴史と自然の中で、個性豊かな文化が各地に受け継がれています。

高千穂峡(高千穂町)

高千穂峡の写真

阿蘇溶岩の侵食によってできた高さ80~100mにも及ぶ柱上摂理の断崖です。深淵や岩清水が自然に映え雄大にしてすがすがしい景観です。

都井岬(串間市)

都井岬の写真

日南海岸国定公園の最南端に位置します。

岬一帯には、雄大な景観の中にのびのびと約100頭野生馬が棲息しています。

綾の照葉大吊橋(綾町)

綾の照葉大吊橋の写真

九州山地国定公園照葉樹林地帯内に架かる高さ142m、長さ250mの吊橋で歩道吊橋としては世界最大級です。

鵜戸神宮(日南市)

鵜戸神宮の写真

岩をくりぬいたような洞窟の中に建てられた優美な神社です。

安産、夫婦和合の神様として知られています。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの写真

世界屈指の施設と自然環境を備えた世界に誇れる宮崎の代表的リゾート施設です。テニス場やゴルフなどのスポーツ施設、スパや温泉などのくつろぎの宿泊施設も充実しています。

フェニックス自然動物園

フェニックス自然動物園の写真

宮崎市内にある動物園です。13万㎡もの広大な園内では、アジア・アフリカなどに生息する約100種類1,500点の動物が飼育されています。

こどものくに(宮崎市)

こどものくにの写真

毎年春にフラワーフェスタが開催される園内では、四季折々の美しい花が咲き、宮崎の自然を肌で感じながら楽しめる遊園地です。

青島(宮崎市)

青島の写真

日向灘に浮かぶ周囲1.5kmの小島です。島内は約200種の亜熱帯植物で覆われています。周囲には、「鬼の選択岩」と呼ばれる波状岩があり、国の天然記念物に指定されています。

平和台公園(宮崎市)

平和台公園の写真

宮崎市内の北西の丘の上にあり、昭和15年に皇紀2,600年を記念して建てられた高さ37mの「平和の塔」があります。

また、塔の裏手には、木立に囲まれた広場や、全国各地の埴輪を集めた「はにわ園」があり、市民の憩いの場として親しまれています。

宮崎神宮(宮崎市)

宮崎神宮の写真

宮崎市街地のやや北に位置しており、初代天皇神武天皇がお祀りされていることから、市民からは「神武さま」と呼ばれ親しまれています。毎年秋には神武大祭も開かれ、神賑隊に登場するミスしゃんしゃん馬は宮崎市民の人気を集めています。

この大祭は宮崎の秋に風物詩になっています。

宮崎県総合博物館(宮崎市)

宮崎県総合博物館の写真

宮崎神宮の森に囲まれた閑静なたたずまいの中に位置し、宮崎を体験し、探求し、宮崎の未来を考えることのできる、自然・歴史・民俗について展示した博物館です。自然史展示は、宮崎を代表する「照薬樹林」を日本最大規模のジオラマで再現し、宮崎の自然をあらゆる角度から展示しています。歴史展示は、全国的にも特異な弥生時代の「花びら形住居」や懐かしい「昭和30年代の文化住宅」など興味ある資料を展示しています。民俗展示は、国指定重要有形民俗文化財「日向の山村生産用具」などの資料をふんだんに使って分かり易く展示紹介しています。

大淀河畔・橘公園(宮崎市)

大淀河畔・橘公園の写真

宮崎市の中心部を流れる大淀川の北側の河畔は大変美しい公園になっており、フェニックスがそよぐ並木は宮崎市民の憩いの場になっています。また宮崎観光ホテルをはじめリゾートホテルが建ち並び、これらの部屋から眺める大淀川の夕日は大変美しく、ここに多くの文人墨客が滞在し文学作品が練られた場所でもあります。

かつて川端康成もここに滞在しNHKの連続テレビ小説「たまゆら」の舞台に選び、観光宮崎が一層の注目を浴びるきっかけになりました。